お見合いパーティーで成功率を上げるコツAプロフィールカード攻略

プロフィールカード攻略

プロフィールカード、相手にアピールしようと長々書いていませんか。

 

相手が熱心に読んでくれることを前提に書いてはいけません。

 

読む気がない相手に最後まで手にとって読んでもらえる仕掛けを心がけましょう。

 

あなたを一言でいうと、どんな人ですか?お見合い市場では、自分は商品なのです。

 

手にとってもらえるように、目を引くようにわかりやすいプロフィールを書きましょう。

 

そのために、友人、知人、上司に自分がどんな印象を周囲に与えているか、聞いておくとよいでしょう。

 

ごくごく平凡な、取り柄のない人でも、腐っても売り物です。

 

自分の売りを探してはっきり書きましょう。会ってもらえれば自分の魅力はわかるだろう、なんて芸能人みたいな勘違いもいけません。

 

会ってもらうまでの第一関門がプロフィールカードなのです。

 

無難な一言、「趣味は読書です」といった一般的なものを書いておけばいいだろう、という守りの姿勢も相手の印象に残りません。

 

会ったときに会話の糸口となるような、あいての記憶に残りやすいキーワードをカードに盛り込みます。

 

キーワードがわからない、という人は最近話題の人物、テレビ番組を書いておきます。

 

パーティーの最中に、トークの内容を考えなくても、相手がその記憶に残ったキーワードをもとに会話を展開してくれることもあります。

 

人に好かれる会話術(木多崇将)のような会話マニュアルも参考にしましょう。